• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

GENKI★マガジン 健康コラム

トップページ >健康関連情報 >健康コラム

健康コラム

記載されている情報はメールマガジン発行時点の内容です。あらかじめご了承ください。

GENKI☆マガジン登録ページ


★★★ エイズについて~12月1日は、世界エイズデーです~ ★★★

●世界エイズデーとは
 1988年にWHO(世界保健機構)が、世界的レベルでのエイズまん延防止
と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、
12月1日を“World  AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに
関する啓発活動等の実施を提唱しました。その後、1996年からは、WHO
に代わって国連のエイズ対策の調整を行うこととなった、UNAIDS(国連合同
エイズ計画)がこの活動を継承しています。日本でもその趣旨に賛同し、
エイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延
防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ることを目的として、
12月1日を中心に「世界エイズデー」キャンペーンを実施しています。

●平成21年度「世界エイズデー」キャンペーンテーマ
メインテーマ  「Living Together」
  HIV陽性者と共に生きている現実を伝えるためのメッセージ
サブテーマ   「いま、何をすれば良いのか聴かせて?」
  HIV陽性者と暮らす人、パートナーがHIV陽性者である人、ボランティア
活動をしようとしている人、といったHIVにかかわろうとする人たちも共感
できうるとの思いから、コミュニケーションをとろうという姿勢を強く感じ
られるメッセージ

●山口県の現状
 昭和63年に初めてエイズ患者の報告があって以降、HIV感染者又は
エイズ患者の発生報告が、ほぼ毎年1名の割合でありましたが、平成18年
は5名、平成19年は6名、平成20年は9名と、この2・3年で報告数の
増加がみられており、感染の拡大が懸念されています。

●山口県の取組
  12月1日の世界エイズデーに併せ、臨時のHIV抗体検査やチラシ・
パンフレットの配布等の普及啓発活動を県内の各健康福祉センターが実施し
ます。HIV抗体検査は、予約が必要になりますので、各健康福祉センターに
事前に連絡してください。(臨時検査を実施していないセンターもあります。)
  また、HIV抗体検査は、毎月定期的に実施していますので、今回受診でき
ないという方は、そちらを受診ください。検査は、「無料・匿名」でできます
ので、お近くの健康福祉センターにご連絡ください。
  連絡先は、下記のとおりです。

・岩国健康福祉センター 0827-29-1519
・柳井健康福祉センター 0820-22-3631
・周南健康福祉センター 0834-33-6423
・防府健康福祉センター 0835-22-3740
・山口健康福祉センター 083-934-2533
・宇部健康福祉センター 0836-31-3200
・長門健康福祉センター 0837-22-2811
・萩健康福祉センター   0838-25-2663

-----------------------------------------------------------------
今回は、
山口県 健康福祉部 健康増進課 中村さんに寄稿していただきました。
ありがとうございました。
 

山口県健康づくりセンターメールマガジンの登録はこちらへ(無料) GENKI☆マガジン登録ページ