• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

vol.148

TOP > vol.148

知らないと損!? 禁煙の常識

  夜風が冷たいベランダや雨に濡れた軒下、炎天下の狭い個室など、タバコを吸える場所は徐々に限られてきています。でも、「つらい・苦しい」といったイメージから、禁煙を躊躇している方も多いのではないでしょうか。
  実は、比較的お手頃な値段で禁煙できる方法もあるのです。禁煙を考えている方もそうでない方も、禁煙の今についてちょっと知ってみませんか?


 

●禁煙は、意志の力だけでするもの?

  もちろん、「タバコをやめよう」という決意は必要です。ですが、タバコをやめられないのは、ニコチン依存症という病気も関係しています。禁煙外来や禁煙補助剤を使用すると比較的楽に、意志の力のみで禁煙する場合に比べて、成功率が3~4倍高まるのです。

  [あなたはどのタイプ?]
    ・喫煙本数が多い
  ・禁煙する自信がない
  ・過去に禁煙したとき、禁断症状が強かった

禁煙外来など、
医療機関がオススメです

 
  ・喫煙本数が少ない
  ・禁煙できる自信がある
  ・忙しい

薬局の禁煙補助剤の
利用がオススメです

  

●禁煙は、お金がかかる?

  禁煙治療は、12週間(約3ヶ月)で5回の受診が必要になります。その治療費とタバコ代を比較してみましょう。

 
・ニコチンパッチ(貼り薬)
  約13,000円
または
・バレニクリン(飲み薬)
   約19,000円

(注)健康保険による自己負担額3割計算
 
タバコ代(1箱400円、1日1箱)

33,600円
  もし卒煙できたら、喫煙を続けていた場合に比べ、1ヶ月で1万2千円、1年では約15万円のお金が自由に使えるようになります(1日1箱吸っていると仮定)。禁煙で貯まったお金を、あなたなら何に使いますか?  

 

●禁煙は、イライラの元? 

  実はタバコでストレス解消できる訳ではなく、ニコチン切れによるイライラを、喫煙で一時的に抑えただけとご存知でしょうか。
  むしろ禁煙することで、食事、運動、睡眠などの生活習慣が改善され、よりストレスの少ない健康的な生活を楽しめます。また、口臭・ヤニ臭さから解放される、肌質が良くなるなどの効果も期待できます。
  手軽にできる禁煙に挑戦して、あなたの人生を変えてみませんか?

 

参考:厚生労働省「禁煙支援マニュアル(第二版)」
http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en-sien/manual2/index.html

 

  ※「健康やまぐちサポートステーション」では、県内の禁煙外来医療機関の一覧を掲載しています。ぜひ、ご活用ください。