• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

親子元気アップチャレンジ~知ろう・つくろう・うごかそう~

TOP > 講座のご案内 > イベントリポート2 > 親子元気アップチャレンジ~知ろう・つくろう・うごかそう~

親子元気アップチャレンジ~知ろう・つくろう・うごかそう~

 

    8月1日(月)、(公財)山口県健康福祉財団、(公社)山口県栄養士会山口地域専門部会は山口県健康づくりセンターにおいて、「親子体験学習講座」親子元気アップチャレンジを開催しました。
  「知ろう・つくろう・うごかそう」をテーマにした今回の講座では、親子が正しいおやつの食べ方を学んだり、野菜たっぷりのランチをつくったり、身体を動かして遊んだりと、健康について考えつつ楽しい時間を過ごしました。今回は、その様子をレポートします。

 

当日の様子

●カルビースナックスクール●「おやつのとりかた」
  まず最初に、おやつの食べ方についての話がありました。おやつは、身体の栄養になるだけではなく、食べてリラックスすることで、こころの栄養にもなります。
  カルビースナックスクールでは、そんなおやつを一日どのくらい食べて良いか、いつ食べれば良いか、クイズ形式で考えました。
  おやつは、1日200キロカロリーまでを目安に、食事の2時間前までに食べ終わると良いそうです。
  おやつのカロリーを知りたい時は、パッケージ裏面の栄養成分表示を見て、確認することも学び、おやつについて考える良い機会になりました。


ふだん、どのくらい食べているかな?

               何でできているのかな?

 

 
●バランスのとれたランチとおやつをつくろう●
  続いて、親子でお昼ごはんを作りました。
  普段、何気なく口にしているものにも、身体に必要な様々な栄養があります。料理の前に食材にどのような効用があるか学び、調理スタート。お手伝いに慣れている子もそうでない子も、一生懸命お昼ごはんづくりに参加し、バランスのとれた美味しそうな昼食をつくることができました。
  その後は、皆そろってランチタイムです。同じグループ同士で話も弾み、子どもたちはもちろん、お母さんたちの笑顔も印象的な昼食となりました。


親子で料理がんばりました


とっても美味しくできました


●メニュー
  サラダうどん
  カボチーズサラダ
  白玉フルーツポンチ
  
 
    
 
●おもしろ びっくり からだ実験●
  午後からは、身体を使った実験を行いました。
  背中に指を当てて、何本でさわられているか当てる実験や、壁にくっついた状態で前屈したり、片足で立ったりする実験では身体の不思議に驚きの声があちこちで上がっていました。


出典:国立研究開発法人 科学技術振興機構「おもしろ びっくり からだじっけん」


指の数は何本?

指がひとりでに…

片足で立ってみよう
  最後にラダーやボールを使った遊びを行い、親子で楽しく身体を動かしました。
  参加者からは、「とても楽しかった」「家でもやってみたい」といった声をいただきました。


親子で運動遊び(ラダー)


親子で運動遊び(ボール)