• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

vol.153

TOP > vol.153

生活習慣と検診でがん予防

  がんは日本人の死因の1位です。国の統計では、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。がんは決して「他人事」ではないのです。
  近年、生活習慣等の見直しにより、がんになりにくくなることが分かってきました。また、検診でがんが小さいうちに発見できれば、治せる可能性が高くなっています。
  がんを防ぐ生活習慣とがん検診の両輪で、自分自身や大切な人たちをがんから守りましょう。


 

●山口県に多いがんって?

  山口県に多いがんの部位は次のとおりです。
○山口県の部位別罹患者数(平成24年)

 
順位 男性 女性
1 大腸がん 大腸がん
2 胃がん 乳がん
3 前立腺がん 肺がん

○山口県の部位別死亡者数(平成26年)

 
順位 男性 女性
1 肺がん 大腸がん
2 胃がん 肺がん
3 大腸がん 胃がん

 

●どうすれば予防できるの?

  多くの研究により、がんは毎日の生活を見直すことで、ある程度予防できることが分かってきました。将来、がんにならないために、自分の暮らしを改めて見直してみませんか。
[がんを防ぐための新12か条]

 
たばこ  ① たばこは吸わない
 ② 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
食事  ③ お酒はほどほどに
 ④ バランスのとれた食生活を
 ⑤ 塩辛い食品は控えめに
 ⑥ 野菜や果物は豊富に
運動  ⑦ 適度に運動
 ⑧ 適切な体重維持
ウイルス  ⑨ ウイルスや細菌の感染予防と治療
検診  ⑩ 定期的ながん検診を
 ⑪ 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
その他  ⑫ 正しいがん情報でがんを知ることから
  出典:公益財団法人がん研究振興財団「やさしいがんの知識」

 

●がん検診、受けていますか?

  どんなに日常生活に気をつけても、がんになる場合もあります。そんなときでも、がんを早く見つけて治療すれば、より高い確率で治すことができます。自覚症状がなくても定期的にがん検診を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。

  また、(公財)山口県健康福祉財団では山口県からの委託を受け、「がん総合相談窓口」を開設し、がんに対する不安や心配、経済的負担に係る支援制度等、がんに関すること全般についての相談を無料で受付けています。何かありましたら、ご相談ください。

  受付時間:月~金9:00~12:00 13:00~16:00
                (土日祝日と年末年始はお休みです)
相談電話番号(専用電話):083-902-6220