• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

9月の『健康増進普及月間』について

TOP > 講座のご案内 > イベントリポート2 > 9月の『健康増進普及月間』について

9月の『健康増進普及月間』について

 

    9月は健康増進普及月間でした。健康増進普及月間とは、生活習慣病の特性や運動・食事・禁煙など個人の生活習慣の改善の重要性についての理解を深め、皆さまの健康づくりに役立てていただくためのものです。
  (公財)山口県健康福祉財団では山口県健康づくりセンター内において、月間に関連した展示などを行いました。また、9月4日には来館者を対象として、塩分チェックや骨密度測定を行い、普段から健康的な生活を送ることの大切さをアピールしました。

 

◎健康増進普及月間のテーマ

1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ
~健康寿命をのばそう~

 

健康づくりセンターでは

  健康プラザ前において、健康増進普及月間のテーマに合わせた展示を行いました。
  運動では、あと10分多く身体を動かすための、日常生活でのちょっとした工夫の話や、おすすめのストレッチ方法などの展示を行いました。
  食事では、食事バランスについての展示や、塩分の目標摂取量と山口県における実際の摂取量の違いを、1年分の塩の量で実際に比べる展示などを行いました。
  タバコのコーナーでは、喫煙者と非喫煙者の肺を模型で 比べる展示や、海外で使われているタバコのパッケージの展示などを行い、喫煙が身体や周囲の人へ及ぼす影響を確かめていただきました。


自宅でやってみよう
               塩の量にびっくり!

                 パネルをめくってびっくり!

 

9月4日(日)には

  健康づくりセンターへ来られた方を対象に、塩分チェックと骨密度測定を行いました。
  塩分チェックでは塩味をしみこませた、ろ紙を口にして、どの濃度で塩味を感じるか、また、塩分摂取量チェックアンケートを実施し、普段どのくらい塩を口にしているか調べました。
  骨密度測定では、かかと部分の骨密度を測定し、骨が強くなる食事や運動についてアドバイスを行いました。
  普段、あまり意識していない塩分量や骨密度を改めて確認し、「これから気をつけようと思った」「塩味が意外と分からなかった」といった感想をいただきました。


塩分チェック


骨密度測定
 
 

教えて!

骨に良い食べ物は?

  ①カルシウムの多い食品


牛乳・小松菜など

  ②ビタミンDの多い食品


卵・ブリなど
骨に良い運動は?
 ・かかと落とし

かかとをたかくあげて、
膝を伸ばしたまま打ち下ろす
【目標:50回程度】
 
バランスのとれた食事と適度な運動で、将来の骨折や寝たきりを予防しましょう!
 
●あなたは大丈夫? 普段とっている塩分を考えてみよう!

聞かせて!

  今回、来館者の皆様に同様の塩分摂取量チェックアンケートを行い、36名の方からご回答をいただきました。
  その結果は…

  しょう油やソースをよく使う方や、麺類の汁を飲む方が多く、全体として4割弱の方が普段、塩分を多めにとっていました。
  塩分の取り過ぎは心臓、腎臓などに負担を与え、高血圧や心疾患、生活習慣病の温床になる可能性があります。日々の減塩を心がけ、いつまでも元気に過ごしましょう♪