• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

vol.155

TOP > vol.155

油断禁物!インフルエンザ

  インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。その感染力は非常に強く、時に重症化したり合併症を招いたりすることがあります。
  インフルエンザは例年12月から流行が始まり、1~2月頃にピークを迎えます。インフルエンザを軽く考えず、早めの予防でウイルスから身を守りましょう。


 

●どんな人が要注意?

  乳幼児、妊娠中の方、高齢者は要注意です。特に高齢者はインフルエンザウイルスによる肺炎や、体力の低下から細菌に感染して肺炎になる場合があり、亡くなる方もおられます。
  また、慢性の呼吸器疾患、心疾患、糖尿病などの持病をお持ちの方も重症化する恐れがありますので、気をつけましょう。

 

●どうすれば予防できるの?

  主な対策は次のとおりです。
①人混みを避ける
  インフルエンザウイルスは感染した人の咳やくしゃみなどを介在し、つり革やドアノブなど様々な物に付着します。人混みを避けることで感染を防ぐことができます。
②予防接種を受ける
  重症化を防ぐ効果があります。免疫ができるまで2週間~1ヶ月ほどかかるので、流行シーズン前に接種すると効果的です。

  ③手洗い・うがいをおこなう
   
  ④マスクをつける
   ○不織布製マスクが有効
 ○鼻と口の両方を確実に覆うこと
 ○外すときはゴム紐を持って。マスクの表面は触らない
 ○原則、1日1枚の使い捨て

 

●ウイルスに負けない身体を作ろう!

  バランスのとれた食事や休養をとると、ウイルスに対する抵抗力が身につきます。また、ストレスも免疫力に悪影響を及ぼします。心の休養も大切です。
[食事のポイント]

   ・肉や魚など …免疫細胞の原料となるたんぱく質が含まれています
 ・緑黄色野菜など …喉や鼻などの粘膜を健康に保ちます
 ・発酵食品 …生きた乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めます

  インフルエンザの感染力はとても強く、予防しても感染することがあります。急な発熱、咳、のどの痛みなどがあれば早めに医療機関を受診し、重症化を防ぎましょう。