• ホーム
  • メールはこちら
  • 文字サイズ小中大

健康クイズ vol.157

TOP > 健康クイズ > 健康クイズ vol.157

☆問題☆

  私たちが自分の身体を自由に動かすことができるのは、骨、関節、筋肉や神経で構成される“運動器”の働きによるものです。
  この運動器がおとろえ、日常生活の「立つ」「歩く」などの動作が困難になる状態のことを「ロコモティブシンドローム」(略称:ロコモ)と言いますが、次のロコモについての説明のうちで間違っているものが1つあります。①~③のうち、どれでしょう?

      ① ロコモが進行すると、やがて介護が必要な状態になる
      ② ロコモ予防には、適度な運動や生活活動により運動器へ刺激を与えるとともに、食生活にも気を配る必要がある
      ③ やせていれば、腰やひざに負担がかからないのでロコモの心配はない

 


 

 

☆解答☆

  ③ やせていれば、腰やひざに負担がかからないのでロコモの心配はない

  やせすぎると筋肉や骨は弱くなってしまいます。肥満もやせすぎもよくありません。骨や筋肉は適度な運動や生活活動で刺激を与え、適切な栄養を摂ることで、強く丈夫に維持されます。